ミノキシジルの怖い副作用

ミノキシジルの副作用の体毛について - ミノキシジルの怖い副作用

ミノキシジルの怖い副作用
ミノキシジルの怖い副作用 > ミノキシジルの副作用/体毛

ミノキシジルの副作用の体毛について

ミノキシジルが含まれている育毛剤を使用することによって起きてしまう可能性のある副作用の中に多毛症と呼ばれる症状があります。
この多毛症とは全身の体毛が濃くなるという症状なんですね。
ミノキシジルの育毛剤での副作用として紹介されています。

この体毛が濃くなってしまう多毛症の原因として考えられることとして、ミノキシジルが持っている血管拡張作用が当てはまります。
この血管拡張作用とは体内の動脈に対して作用する効果で、血管を拡張する効果です。
血管拡張作用によって間接的に健康的な髪の毛が生えてくるという結果につながります。
血管を拡張させると血流が良くなるんですよね。
血流、血行が良くなって促進されると毛母細胞の活性化へとつながります。
毛母細胞が活性化されると発毛や育毛が促進されることとなるんですね。

ですがこの作用、髪の毛だけに当てはまるわけではないんです。
髪の毛に対してのみではなく全身における体毛にも作用することになります。
ですので多毛症、体毛が濃くなるという症状が起きるという時は使用している育毛剤のミノキシジルが体内で効果を発揮している状態ということになります。
ですのでこれはミノキシジルを含んでいる育毛剤を使用して発毛育毛効果を得るには仕方がないことだとされています。

もちろん個人差はあります。
ですがこの多毛症という症状は重い軽いなどはあれどミノキシジルの育毛剤を使用されている方で効果が出てきた方全員に当てはまるものとなってしまいます。
ではどれぐらい体毛が濃くなるの?ということについてですが、これは本当に人それぞれです。
ほとんどわからないぐらいの出方の方もいらっしゃいますし、またかなり目立つ出方の方もいらっしゃいます。
これは個人差がありますのでお答えすることはできないんですね。
ですがやはり髪の毛が濃くなった、生えてきたといううれしさのことを考えたら体毛が濃くなってしまうという症状は、仕方がないんだと思うしかないでしょう。