ミノキシジルの怖い副作用

ミノキシジルの副作用による初期脱毛について - ミノキシジルの怖い副作用

ミノキシジルの怖い副作用
ミノキシジルの怖い副作用 > ミノキシジルの副作用/初期脱毛

ミノキシジルの副作用による初期脱毛について

ミノキシジルを育毛効果や発毛効果に期待して摂取した場合に初期脱毛が起こってしまうケースがあります。
ミノキシジルが含まれている育毛剤はとても有名ですし効果があると話題になっていますが、その効果において副作用も問題視されています。
副作用として初期脱毛が当てはまります。

初期脱毛とは育毛剤を使い始めてから起こる脱毛のことです。
大体使用しはじめから10日目から1か月目あたりで脱毛が起こり始めます。
薄毛や抜け毛の症状を改善、解消させる目的で使用し始めた育毛剤なのに、使ってから髪の毛が抜けだすなんてびっくりしてしまいますよね。
衝撃を受けてしまった方も多いのではないでしょうか。
また自分にこの育毛剤があっていなかったのではないかと勘違いしてしまって育毛剤の使用を中止してしまう方もいらっしゃることでしょう。

ですが、それは実は効果がある証拠なんです。
ミノキシジルを使用して育毛していくうえで段階的に必要な段階なのです。
ですので効果がない、あっていないと使用をやめてしまうとそのまま髪の毛は生えてこない状態でせっかくあるはずの効果がなくなってしまいます。
ですので使い続けるようにして下さい。

ではなぜ初期脱毛が起こってしまうのでしょうか。
初期脱毛が起こる理由として髪の毛の周期、サイクルが大きく関係しています。
髪の毛が生えてくる成長期と成長が止まってしまう退行期、そして髪の毛が抜け落ちる前の休止期があります。
この3つを繰り返して髪の毛はどんどんと成長していきます。

ですので休止期において抜けきっていなかった髪の毛が、ミノキシジルを摂取したことで新しく生えてきた髪の毛に押し出されるような形で抜けることとなるのです。
ですから新しく髪の毛が生えてきているから、今までの髪の毛が抜けていくんですね。
そして新しく生えてきた髪の毛は強くて健康的なものでしょう。
初期脱毛が起こるということは効果が出ているということになります。