ミノキシジルの怖い副作用

ミノキシジルの副作用であるむくみについて - ミノキシジルの怖い副作用

ミノキシジルの怖い副作用
ミノキシジルの怖い副作用 > ミノキシジルの副作用/むくみ

ミノキシジルの副作用であるむくみについて

薄毛や抜け毛で悩んでいる方に向けた育毛剤に含まれる成分にミノキシジルがあります。
ですがこのミノキシジルは効果的であるというだけでなく、副作用が起こってしまうリスクを持っているというんですね。
その副作用の内容としては色々なものが当てはまるのですが、むくみという症状を引き起こしてしまう可能性があります。
そのミノキシジルの副作用のひとつであるむくみに関して説明していきます。
なぜミノキシジルを使うことによってむくみの症状が起こってしまうのでしょうか。

もともとミノキシジルは血圧降下剤のために研究開発が行われたものです。
血管を拡張させることによって血圧を下げるという作用のあるものだったんですね。
ですのでその副作用として発毛効果が出てきたのです。
ミノキシジルは直接的な育毛効果、発毛効果を促すという成分ではないのです。
ミノキシジルの持っている血管を拡張させるという作用によって血管を拡張させることで間接的に育毛効果を促すという成分なんですね。

ですのでそのせいでむくみが表れてしまう可能性が出てきてしまいます。
この副作用であるむくみは体内における塩分と水分の量が増えることによって起こりますので利尿剤を服用すればこのむくみは改善させられます。
ですがその症状がひどい場合にはミノキシジルが含まれる育毛剤の使用はやめておいた方がよいでしょう。
また医師に相談をして診察を受けたほうがいいかもしれませんね。

特にミノキシジルは医師から処方される外用薬よりも、個人輸入などで手に入れることができる内服薬の方が副作用が強く出てしまうといわれています。
できるだけ副作用が起こってしまうリスクを低くして、副作用が起こらないようにするためには内服薬よりも外用薬を使用したほうがいいとされています。
また医師の診断を受けたうえで自分の薄毛や抜け毛の症状に適している外用薬を処方してもらった方がよいでしょう。
医師の処方によるものでは自分に合っている濃度のものが処方してもらえます。